健康あんぜんな家が出来上がるまで

2015年11月14日

安芸郡S.A様邸◎測量~基礎着工~配筋検査

*安芸郡S.A様邸*

 

いよいよ着工いたしました

 

まずは、着工前の測量の様子です

☆現場監督の下新、工務の寺西、設計の坂田、営業担当の河本☆

 

敷地の中心部から、敷地の外側(境界ピン)等までの長さを測り、

また、カメラのような機械でレベル(水準・高低の度合い)を測りました!

 

そして、敷地図の作成、GL設定(地面のどの高さを基準にするか)を行います

 

よく道路沿いで見かける光景

多少機械は使いますが、自分たちの目で見て、自分たちの手で慎重に測量

昔ながらの測定の仕方ですが、ずっと使われているやり方なので、それだけ正確ということですね

 

その後、GL基準に沿って敷地を整え、基礎工事のスタートです

 

遣り方一番はじめに行う工事で、とても重要です

これから建てる建物の正確な位置を決めるために設け、

建築物の実際の位置・高さ・水平などを決めます

 

配筋検査鉄筋が正しく配置されているかどうか等を確認する検査です

この検査を合格しないと、次の工事には進めませんfrown

先日、検査機構「JIO」による検査を受けました

 

次は、ベース部分コンクリート打設です

広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。