健康あんぜんな家が出来上がるまで

2015年12月22日

安芸郡S.A様邸 祝♡上棟

12月16日(水)

S.A様邸 無事上棟しましたっっっ

 

前回のブログでお伝えした通り、

S.A様邸の断熱材は、フィアスホームオリジナルの「eパネル」です

 

まずは1階部分から・・・

 

土台から飛び出ている黒い金物や柱などの先についている金物は、

「テクノスター金物」といいます

eパネル採用時には、このテクノスター金物を使います!

 

このテクノスター金物を使うことで、柱等の木材の切り口を少なくすることができ、

また、地震の際に地震の力が集中する接合部の強度を高めてくれるため、

建てた時の強度を維持してくれる、強い金物になります!

 

そして、2階の床部分をつくり・・・

 

いよいよ!断熱材「eパネル」設置です

この画像のように、柱と柱の間に、外側からパコッとはめていきます

断熱材がついている構造用面材の周りには、制震テープ付

上の写真が、設置を待つeパネルの山

※写真は、天井パネルになります

 

2階の柱・天井をつくっています

手前で大工さんが組み立てているところは、

主寝室からベランダへと出る掃きだし窓部分です

屋根付のひろ~~~いベランダが出来ていきます

2階の梁に置いてあるシルバーの金物は、火打ち金物です

 

そして!またまた登場!「eパネル」

こちらは、先ほど写真で設置を待っていた天井パネルです

 

最後に屋根部分をつくっていきますS.A様邸は、寄棟屋根です

 

骨組みを作り、屋根材の下地材となる野地板を取り付けます

 

その後、防水シートのルーフィングを敷いて、上棟終了

 

お施主様も上棟をご見学され、

大きな立派なお家にビックリされていました

 

断熱性能が高いだけでなく、繰り返しの地震にも強く、耐燃焼性能も高い

断熱材「eパネル]

 

これから、S.A様邸を永~~~~く支えてくれると思います

広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。