健康あんぜんな家が出来上がるまで

2016年01月18日

安芸郡S.A様邸 気密検査 ユニットバス・階段の設置

年始の話にはなりますが・・・

 

1月7日に「気密検査」が行われました

断熱材に「eパネル」を使用する際は、必ずこの検査を受けます

※気密測定とは、住宅の隙間の面積を測る検査のことです。

建物の気密を測定して、床面積1㎡あたりにどの程度の隙間があるのか(C値)を出していきます!

 

一般工法住宅の平均C値は、9.0c㎡/㎡

フィアスホームの平均C値は、0.7c㎡/㎡

 

S.A.様邸の数値は、フィアスホームの平均C値を下回っていて、

とても隙間の少ないお家になりそうです

建築途中である現在、もうすでに、その気密性を実感できますよ

 

そして先日、ユニットバスが設置されました

~設置途中~

 

~設置完了~

 

柱は、しっかりと防腐処理を・・・

S.A.様邸は、浴室の入口を引戸にされています

一般的には折戸にされる方が多いですが、

浴室をスッキリと有効に使える引戸もオススメです

 

それから、階段も出来上がりました

階段横のスペースは、何が出来るでしょうか・・・?

広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。