家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

エコ住宅

エコ住宅で使われている断熱材とは、種類について解説

築年数が経っている住宅に住んでいると、エアコンを付けているのになかなか部屋が温まらないと悩んでいる方は多くいます。

その原因は「断熱材」にあるかもしれません。

  

優れた断熱材を使用している住宅だと冷房・暖房の効率を最大限まで高めてくれます。

その結果エアコンを付けっぱなしする必要がなく、快適に過ごせる上に、無駄に温度を変更することもなくなるので、光熱費が削減できます。

  

今回はエコ住宅に使われている断熱材の種類や効果について紹介します。

  

  

断熱材の役割とは

断熱材はエコ住宅には欠かせない存在です。断熱材は発泡スチロールのような役割をしており、熱と冷たさを通しにくくして、その上住宅の気密性を高めています。

  

冬を迎えれば外の冷気を室内に持ち込ませず、反対に部屋の中の暖かい空気を外に逃がしません。

夏も同様で、外の暑い空気を室内に持ち込ませず、エアコンで冷やした空気を部屋から漏らしません。

  

部屋の温度が変化しにくいとエアコンを長時間付けている必要がないので、光熱費が浮きます。さらに室内の温度が安定しているため。

結露ができにくく、家を長寿命化させることもできます。そのため快適に暮らすのなら優れた断熱材の使用がおすすめです。

  

  

エコ住宅で使われる断熱材の種類

断熱材は大きく分けて3つの種類があります。

  

・無機繊維系断熱材

無機繊維系断熱材はグラスウールやロックウールが使われており、最もスタンダードな断熱材です。シロアリなどの害虫被害に強く、防音効果があり、火災にも強いためほとんどの住宅で採用されています。

  

・木質繊維系断熱材

木質繊維系断熱材は古紙を再利用した天然の木質繊維です。防火性能、害虫予防、結露にも強いため優れている断熱材です。コストが割高になってしまいますが、天然素材を使っているので体に優しく、エコ住宅を中心として需要が伸びてきています。

  

・発泡プラスチック系断熱材

発泡プラスチック系断熱材はプラスチックの中に細かいガスを閉じ込めることで、断熱性能を発揮する断熱材です。閉じ込めているガスの気泡の数や大きさによって断熱性能に違いがでてきます。金額はピンキリで、金額が高くなるほど性能も比例して良くなります。

  

  

まとめ

住宅の断熱材にこだわることで一年を通して快適に過ごせるだけでなく、家を長持ちさせることができます。

断熱材には室内の温度を一定に保つ効果だけでなく、音を吸収したり、結露を防いでダニなどの発生を抑えたりといろいろな役割があります。

  

エコ住宅の断熱材では家の長寿命化を助け、人の体にもやさしい素材のものを使用しているため、快適に過ごすことができます。

理想の住宅を建てるときには使用する断熱材から考えてはいかがでしょうか。

  

広発グループの家づくり、では今回ご紹介させていただいた断熱材に一般的なグラスウール断熱材の2倍の断熱性能を持つ「eパネル」という独自技術を使用しております。

  

環境にも家計にもエコな住宅のご相談はぜひ広発グループへ。

  

広発グループに相談する

広発の技術「eパネル」

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案