家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

エコ住宅

令和4年(2022年)最新版!広島県でエコ住宅・健康住宅を建てたときに受けられる補助金を解説

エコ住宅や省エネ住宅は通常の住宅よりも性能が高いことから、その分建築コストがかかってしまいます。

しかし多くの補助金が用意されているので、それらを活用することでトータルでかかるコストを下げることが可能です。

  

本記事では広島市内をはじめとして広島県内で利用できる補助金について解説します。

  

長期優良住宅の認定を受けて省エネ改修等を行った住宅に対する軽減措置

この制度は長期優良住宅の認定を受けて、床の断熱改修や壁の断熱改修などの改修工事を行うと翌年の固定資産税が減額される制度です。

固定資産税が減額されるのは改修工事を行った翌年だけですが、3分の1に軽減されるので負担を大幅に減らせます。

  

制度を利用するには補助金を除く自己負担金が60万円以上であること、指定する工事を行わなければいけないなどの条件があります。

それぞれの市で条件が記載されているので、市のHPを確認して、条件を満たすようにしましょう。

この制度は広島市、府中市などで利用できます。

  

認定長期優良住宅に対する軽減措置

この制度は平成21年(2009年)6月4日から令和6年(2024年)3月31日までの間で認定長期優良住宅を建築すると一定期間固定資産税が2分の1に減額される制度です。

固定資産税が減額される期間は新築から5年間で、3階建ての耐火構造住宅・準耐火構造住宅を建築すると7年間減額されます。

  

認定長期優良住宅であればアパートやマンションでも、この制度を利用できるので適用範囲はかなり広いでしょう。

この制度は広島市、府中市、呉市などで利用できます。

  

新築住宅に対する軽減措置

この制度は新築後一定期間、固定資産税が2分の1に減額される制度です。認定長期優良住宅でなくても受けられる制度ですが、上の制度と比べると軽減される期間が短くなっています。

  

軽減期間は新築後3年間で、3階建て以上の耐火構造住宅・準耐火構造住宅であれば5年間です。認定長期優良住宅であれば、上の「認定長期優良住宅に対する軽減措置」と合わせて利用できるため、一定期間固定資産税が4分の1に減額されます。

この制度は広島市、府中市、福山市、三原市などで利用できます。

  

補助金を活用して、エコ住宅・省エネ住宅で快適に暮らそう

今回は広島県内で利用できる補助金を中心にご紹介しましたが、お住まいの地域によって利用できる制度は異なり、市区町村独自の制度も用意されています。

補助金の申請をしておかないと損をしてしまうので、あらかじめ「○○市(お住まいの地域) 住宅 補助金」などとネットで検索してみましょう。

  

もちろん広発グループでは各種補助金の対象になるような家づくりはもちろん、補助金についてもサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

  

広発グループの高い断熱性の秘密

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案