家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

平屋住宅

平屋で快適に暮らすために必要な土地の面積・建ぺい率とは?

平屋は2階部分がないため、2階建ての住宅に比べると小さい土地でも建てられそうです。

しかし場合によっては平屋の方が広い土地でないと建てられないことがあります。

  

今回は平屋を建てるために必要な土地の面積や、家族4人で快適に暮らすために必要な平屋の面積を解説します。

  

  

平屋を建てるにはどのくらいの広さの土地が必要?

平屋を建てるときはある程度広い土地が必要です。延床面積が25坪(約82.5㎡)の小さめ平屋を作るとすると、必要となる土地の面積は建ぺい率が60%の地域では約42坪(約138.6㎡)必要です。

また建ぺい率が50%の場合なら土地の大きさは50坪(約165㎡)必要で、建ぺい率が低くなるほど土地の広さは必要になります。

建ぺい率が80%ある地域では31坪あれば建てられますが、そういった地域では2階建て住宅が多いので、その中に平屋を建ててしまうと日当たりを確保するのが難しくなります。平屋を建てるなら郊外や地方などの建ぺい率の低い広めの土地で建てるのがおすすめです。

  

  

必要な建ぺい率や土地の条件は?

建ぺい率は住宅の建築面積に関する基準で、建ぺい率が高いほど、同じような土地でも大きな家が建てられます。そのため建ぺい率が高いと2階建て以上の家を建てる人が多く、隣家との距離が近い都市部のような環境になります。

しかし都市部の土地であったとしても「第一種低層住居専用地域」として決められている土地であれば建ぺい率30~60%と低く設定されています。第一種低層住居専用地域では2階建てまでしか建てられず、建築面積も制限されます。そのため平屋を建てたとしても日当たりを遮られることがなく、暮らしやすい土地となります。

ただ建ぺい率が40%以下であれば、かなり広めの土地を購入しなければいけないので、土地の金額が高額になる可能性があります。建ぺい率にも左右されますが、平屋で快適に暮らすためには土地の面積は50坪~100坪程度必要でしょう。

  

  

4人家族で住むなら約60坪必要

4人家族が快適に暮らすために必要な居住面積は約37坪で、延床面積が37坪の家を建てるためには、建ぺい率が60%の場合約61坪、建ぺい率が50%の場合約74坪の土地が必要です。

そのため夫婦とお子さん二人で平屋に暮らすのであれば最小でも60坪は必要となるでしょう。

  

  

平屋で快適に暮らそう

平屋は2階建ての住宅に比べると必要な土地の条件は限られます。しかしその分家の中の生活動線が短くなったり、家の中が広く感じられたりするというメリットがあります。

また構造的に災害にも強いため地震大国である日本で暮らすには向いている住宅の形です。郊外や地方で広めの土地を購入して、快適な平屋を作ってみましょう。

  

広発グループでは平屋の注文住宅に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  

広発グループの「考え抜かれた平屋の家」

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案