家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

平屋住宅

平屋はなぜ高い?理由と安く建てるためのポイントを解説!

家を建てるといえば2階建ての住宅が一般的ですが、ここ数年老後のことを考えて平屋を建てたいという人が増えています。

しかし課題となるのは「住宅の価格」です。

注文住宅を建てるときは考えることが多く、費用を抑えようと思っても簡単にはいきません。そこで本記事では安く平屋を建てるポイントを解説します。

平屋はなぜ高くなってしまうのか

平屋は、1階と2階の面積がほぼ同じである「総2階の家」と比べると割高だといわれています。なぜならコストのかかる屋根と基礎が総2階の家の2倍が必要だからです。

計算してみると分かりやすいのですが、1階も2階も20坪の総2階の家では屋根も基礎も20坪しか必要ありません。しかし延床面積が40坪の平屋を作るとなると40坪分の屋根と基礎が必要になり、約2倍のコストが必要です。

屋根と基礎は建材の中でも手間がかかる箇所ですので、それらが多い家はコストが増えることになります。つまり平屋は総2階の家に比べると建築費用が割高になってしまいます。

平屋を安く建てるための2つのポイント

平屋の建築費用は割高ですが、2階建ての家と同じような費用がかかるかといわれるとそうではありません。またできる限り平屋を安く建てるためのポイントもあります。安く平屋を建てたい人は以下のポイントを押さえて建築しましょう。

水回りをまとめる

お風呂やキッチン、洗面所やトイレなど水回りの設備を一箇所にまとめると、配管が短くなり、コストを抑えられます。水回りの設備同士を離れて配置してしまうと配管が長くなり、その分工事が複雑になるので、費用が高くなってしまいます。

水回りの設備をまとめるとメンテナンスもしやすくなり、ガス代の節約にもつなげられるので、長期的に見てもお得です。

建物の形状をシンプルにする

上述の通り平屋は総2階の家よりも基礎と屋根の面積が広くなってしまうので、コストがかかります。その上建物の形などのデザインに凝ってしまうとさらに多くの建材が必要になってしまうのでかなり高額になってしまいます。

平屋を安く建てるには建物の形状を真四角や長方形などシンプルな形にしましょう。使用する建材を少なくすることで、建築費用を抑えることができます。

平屋を安く建てるならハウスメーカー選びが重要

平屋は普通の住宅と比べると建築費用が高額になってしまうのは事実です。しかし上記のポイントを押さえることである程度安く建てることができます。

また平屋の建築に慣れている工務店やハウスメーカーに依頼することで、コスパの高い平屋を作ることができるでしょう。また建築に慣れているかどうかの指標として、実例を公開しているかどうかも判断の指標になりますので、複数の工務店やハウスメーカーを比較検討して、建築費用を抑えた平屋を建てましょう。

もちろん広発グループも平屋の建築は多数ご依頼をいただいており、実例も公開させていただいておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

広発グループの考え抜かれた平屋の家

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案