家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

デザイン住宅

新築の家具選びで飽きがこないインテリアとは

一生に一度の大きな買い物! マイホームは長く愛せるおうちにしたいもの。飽きがこず住み心地のいい家とは、家そのものとインテリア、そして住んでいる人のライフスタイルがマッチしている家のことです。家を新築する際は、どんな生活をしたいのかをイメージし、それとマッチするインテリアコーディネートを同時に考えながら計画をしていきましょう。

 

 

新築の家具選びで飽きが来るポイント

「飽きる」とは同じ刺激が長く続いて嫌になったり、これ以上は欲しくないと感じる心の動きです。家やインテリアも最初は好きで選んだデザインであっても、刺激が強い物であれば脳がその刺激に飽きるのも早くなってしまうそう。1日の長い時間、そして長い年月を過ごす家とインテリアは、長くそばにあっても違和感のないテイストを選ぶのがおすすめです。

 

 

飽きのこないインテリアはベースで作る

飽きのこないインテリアとして代表的なのは「シンプル」や「ナチュラル」という言葉で表現されるテイストでしょう。部屋を明るく見せるホワイトがベースのお部屋や、無垢素材の家具や天然素材のファブリックは刺激がやわらかなので、長く使っても飽きがきにくい特徴があります。特に壁・床・天井、ダイニングテーブル・ソファー・テレビボードといった、部屋の中で大きな面積を占める部分や家具は簡単に変えることができないので、シンプルでナチュラルなものを選びましょう。

 

 

個性が強いインテリアはポイント使いで

ベースができたら、そこに個性を足していきましょう。スタイリッシュな空間が好みであればデザイン性の高い無機質なダウンライトを据え付けたり、レトロで重厚感のある部屋にしたいと思えばヴィンテージテイストの絵やオーナントを飾ったり、好みにアレンジをしていきましょう。これらはもし数年後飽きたとしても、その時のライフスタイルや趣味に合わせた変更が可能。個性の強いものや流行のものはクッションカバーやテーブルランナーなどで楽しむのも、飽きがこないインテリアのポイントです。

 

 

【まとめ】

デザイン住宅は、外観からインテリアなど住まい全体を統一したコンセプトでトータル設計する住宅です。その中で家具選びは家のコンセプトを成り立たせる上でとても大切な要素を担っていました。新築する際には、家族とどんな空間でどんな生活を送りたいのか、専門家としっかり話し合い、飽きのこない家とインテリアを創りあげたいですね。

 

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案