家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

狭小住宅

狭小住宅で後悔するポイントを解説!対策方法を紹介

狭小住宅に限ったことではありませんが、家を購入していざ住み始めてから後悔や失敗をしたくないものです。後悔しない家づくりをするためには、失敗談から自分に合った対策をすることが大切です。

本記事では狭小住宅を建てて後悔したポイントと対策について解説します。

これから狭小住宅を建てようと考えている人は参考にしてみてください。

狭小住宅で後悔するポイント

駅前や利便性の高い地域の土地は価格が高く、土地を購入するだけでも多額の費用が必要です。それなりの広さの土地を購入しようと思うと、かなりの金額になります。

「面積の小さい土地でも家を建てたい」そのようなときに選択肢として上がるのが狭小住宅です。しかしながら狭小住宅の建築は判断を間違えてしまうと後から後悔してしまうことがあります。

ここでは狭小住宅を建てた後に後悔しやすいポイントについて解説します。

電気代が高い

狭小住宅の中に広い空間を作ろうとすると、部屋ごとの間仕切りをなくしてひとつの部屋にします。確かに広い空間は手に入りますが、その分空調効率は下がってしまいます。

特に3階では日当たりが良いため夏は暑くなりやすく、1階は日当たりが悪くなるため冬は寒くなりやすい傾向にあります。そのため1階か3階に広い空間を作ると、その部屋の空調効率は悪くなりやすくなります。

階段での移動が大変

狭小住宅の間取りは家ごとに異なりますが、1階にお風呂と居室、2階にキッチンとリビング・ダイニング、3階を居室という間取りにしている家は多くあります。

このように1階と2階で水回りを分けてしまうと、朝の準備をしているときに階段での移動が多くなってしまい大変と感じてしまいます。

建築制限で好きな家にできない

狭小住宅は土地が狭いので、目いっぱいに家を建てたいと思いがちです。しかし土地によって建築制限がかかるので、実際にはある程度制限されます。

土地の制限をよく知らないまま土地を購入してしまうと、思ったより小さい家しか建てられないことがあります。

狭小住宅を建てて後悔しないための対策

狭小住宅を建てた後に後悔するポイントを知っておくと、あらかじめ対策することができます。ここでは狭小住宅を建ててから後悔しないような対策について解説します。

家の断熱性能を高める

家の中で寒さや暑さのストレスを緩和するには、家の断熱性を上げるのが有効です。天井や床、壁や窓などは断熱性の高い建材を使用しましょう。断熱性能を高めることで空調効率が上がり電気代も安くできます。

家事動線を考えた間取りにする

家の設計時は「家の中でどう動くか」を考えながら進めましょう。朝起きてから夜寝るまでの家族の動きをシミュレーションして、動きやすい間取りを作ります。

間取り図ができあがったら家族の動きを線で表すのもおすすめです。一日の動きが明確になるため見直すべきポイントが浮き彫りとなります。

あらかじめ建築制限を調べる

土地は都市計画法という法律によって建築できるものの制限が決められています。そのため2階建てしか建てられない地域があったり、そもそも家を建てられない土地があったりします。

また高さ制限がある土地で狭小住宅を建てようとすると、各階の天井をすこしずつ下げて調節しなければなりません。

そうなってしまわないよう土地を購入する際は、どのような建築プランが入るか検討してから購入しましょう。

対策すれば狭小住宅でも後悔しない

狭小住宅で後悔しやすいポイントと対策について解説しましたが、しっかりと対策を講じれば狭小住宅でも快適に暮らせます。

せっかくのマイホームですので、建てた後に後悔しないよう、事前に対策しておきましょう。

広発の多様な住み方を実現する狭小住宅

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案