家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

狭小住宅

狭小住宅で快適なキッチンを作る工夫を紹介

狭小住宅を考えているけど、キッチンの作業スペースの確保がきちんとできるのか心配。

できるだけ広いスペースで作業をしたい。 そんなお悩みを持つあなたのために、工務店である広発グループが狭小住宅でも快適なキッチンを作る工夫を紹介していきます。

  

狭小住宅ではキッチンの工夫が大切

狭いスペースを有効活用する必要がある狭小住宅では、特にキッチンの設計は大切です。

というのも家事をする中でご飯を作ったり、食器を洗ったりとキッチンにいる時間も長くフライパンなどの収納も必要なため、ついモノが溢れてしまう空間でもあるからです。

このキッチンを使いやすく、スムーズに家事ができるような設計にしておくことで快適な生活の基礎になります。

  

狭小住宅に向いているキッチン

実はキッチンにもいろいろな形があります。

狭小住宅に向いているキッチンの形をご紹介していきます。

コンロやシンクが一列に並んだI型キッチン

壁付けのI型キッチンはスペースを有効活用できるため、狭小住宅にもおすすめのキッチンタイプです。 費用も抑えられることから導入しやすいキッチンとして人気が高く、吊り戸棚などでさらにスペースの有効活用、収納の確保までできる万能なキッチンタイプです。

Ⅱ型キッチン

I型キッチンの背面に収納スペースや作業台をおいたⅡ型キッチンは広いスペースと作業効率の良さがバツグンです。I型キッチンでは、作業スペースが足りないという場合にはぴったりのスタイルです。

  

狭小住宅に向いていないキッチン

L型キッチン、U型キッチン

L型、U型のキッチンはキッチンのスペースが広い分、スペースを取りすぎるというデメリットがあります。また、コーナーの部分はデットスペースになってしまうため狭小住宅には向かないキッチンスタイルです。

アイランド型キッチン

大人数で調理ができるアイランド型のキッチンはデザイン性はありますが狭小住宅には不向きです。大きな作業台が必要となりますし、収納も少ないためスペースが狭いと作業台に場所を取られてしまいます。

  

狭小住宅でキッチンを考えるときに大切なポイント

以上、狭小住宅で快適なキッチンを作るための工夫を紹介してきました。

設計をする時には以下のポイントを踏まえて考えてみてください。

・実際にキッチンに立ったときの想定をする

野菜を切って焼いて、ご飯を炊いて、と実際にキッチンに立った時にどこに何があれば一番動きやすいか考えましょう。

ついつい理想ばかりが先に来てしまいがちですが、今住んでいる場所と比べてどうしたいのかを考えておくと自分にあったキッチンスペースを作ることができます。

・将来のライフスタイルの変化

長く住むお家だからこそ、将来的にどうなるかを考えておくのも大切なポイントの一つです。子どもができたり、料理の頻度が変わったりとある程度の予想をしておくことでずっと心地よいキッチンスペースを確保することができます。

  

とは言っても、「何から考えればいいかわからない」「迷ってしまう」という方はぜひ弊社にご相談ください。

狭小住宅の設計、建築のプロが丁寧にお答えします。

広発グループに相談する

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

安心安全で
エコな住まいを ご提案

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案