家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

家づくり オンライン情報館

住宅検討・住まいのお役立ち情報を発信します

狭小住宅

狭小住宅をリフォームする費用相場をパターン別で解説!

住宅が密集している都市部では狭小住宅に暮らしている人も少なくありません。狭小住宅は基本的に3階建てなので、二階建て住宅に比べて階段が多く、家事動線が悪くなってしまいがちです。そのため家族構成や生活環境の変化に応じて、リフォームで収納の数や間取りを調整したい人も多いでしょう。

本記事では狭小住宅のリフォーム相場をパターン別で解説します。

スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームとは、基礎や外壁、骨組みなどの住宅の基本的な部分を残して、それ以外の部分を作り変える大がかりなリフォームのことをいいます。間取りを新しく作り変えることができるので、敷地の形や家族構成、周辺環境に適した空間に設計できるのが特徴です。

施工内容 費用相場
スケルトンリフォーム 800〜1,700万円
フルリノベーション 600〜1,200万円

間取り変更

部屋を増やしたい、または減らして広い空間を作りたいというときには間仕切り板で間取りを調整します。間取り変更は大がかりな工事になるかと思われがちですが、意外にも低価格で施工できます。

施工内容 費用相場
間仕切り板の設置 8~25万円/箇所
間仕切り板の撤去 7~23万円/箇所

水回り設備の交換

水回り設備は10〜20年を目安に交換します。メンテナンスせずとも使えているから問題ないと思い、先延ばしにしたくなりますが、見えない部分の劣化は確実に進んでおり、ある日突然使えなくなることがあります。

できれば10〜15年に一度に見直すのが理想的です。

施工内容 費用相場
キッチンの交換 50~150万円
浴室の交換 50~150万円
トイレの交換 15~50万円
洗面台の交換 10~50万円

収納の増設

空間が限られている狭小住宅といえども、デッドスペースは存在します。例えば階段下や腰掛スペースです。そのデッドスペースに収納を増設すると、より多くのものを片づけることができるようになります。

施工内容 費用相場
階段下収納の増設 10~15万円
ウォークインクローゼットの設置 15~80万円
造作家具の設置 10~30万円

耐震リフォーム

築20〜30年が経過している狭小住宅では耐震性に不安が残ります。耐震リフォームを行うことで狭小住宅の耐震性を大幅に引き上げることができます。

施工内容 費用相場
耐震補強工事 33~165万円
耐震診断 12~25万円

断熱リフォーム

狭小住宅は一般的な住宅に比べて壁や床、天井など面積が少ないため、効率よく断熱リフォームが行えます。断熱リフォームすることで普段の生活がかなり快適になることでしょう。

断熱リフォームでは壁や床などに断熱材を入れたり、サッシを追加して二重窓にしたり、断熱塗料で塗装する方法などがあります。

施工内容 費用相場
壁の断熱化 4千~3万円/㎡
天井の断熱化 4~8千円/㎡
床下の断熱化 4~8千円/㎡
内窓の追加 8~30万円
断熱塗料の塗装 2~6千円/㎡

狭小住宅はさまざまな環境に応じてリフォームしよう

狭小住宅では空間が限られているので、家族構成や周辺環境の変化に応じて随時リフォームするのがおすすめです。リフォームしないまま暮らすことも可能ですが、家事動線が不便になりやすく、家の中の移動が煩わしく感じることもあるでしょう。

お子さまの成長や気温の変化に応じて作り変えることで、暮らしやすさが一段と上がります。生活スタイルによって作り変えてみてはいかがでしょうか。

広発グループではそんな環境や暮らし方の変化にも対応できる、「多様な住み方を実現する狭小住宅」をご提供しています。

またお得なモニターキャンペーンも実施しておりますので、ぜひ狭小住宅をお考えの際にはご相談ください。

広発の「多様な住み方を実現する狭小住宅」

Only
hirohatsu

わたしたち広発グループは
オンリー技術にこだわりつづけ
皆様の家づくりを実現していきます。

オンリー技術による分譲・建設・管工事業

広島に
「住みたい」を
実現する宅地分譲

広島「緑井」
最良の住宅環境をご提案

デザイン性の高い
家づくりを
ご提案