健康あんぜんな家づくりが学べるコラム

命を守る家ー健康で安全に暮らすために
本当に健康で安心できる家づくり。地震などの災害に強く命を守る家とは何か
フィアスホーム広島北店から皆様へお伝えしたいことをまとめました。

  • 不安の無い暮らし
  • 空気が変わる
  • 子供の健康が一番
  • 暖かい生活

2014年05月28日

断熱効果を高める「高気密」という性能

CRW_8653-e1453379253793

●求められるのは「省エネ」の住まい

昨今のどんな建築物においても欠かせないキーワードに、「バリアフリー」「耐震性」などがあります。もちろん「省エネ」もそのひとつ。暮らしのランニングコストを抑え、CO2の排出を削減し、地球環境にもやさしい、メリットの多い暮らし方です。


そんな「省エネ」の住まいを実現するのが「高断熱・高気密」の家です。「断熱」とは、室外の温度の影響を受けないように遮断すること。「気密」とは、隙間をなくして空気の侵入・漏出を防ぎ、室内の温度を一定に快適に保とうとする性能です。


●断熱効果を高め、内部結露を防ぐのが「高気密」

せっかく「高断熱」の家をつくっても、気密性が低ければ、絶えず家の中と外の空気が入れかわってしまって効果が低下し、温めても冷やしてもエネルギーロスが増えるだけで「省エネ住宅」とは言えません。


ab544ca08d86743bd817e54ce8ab58b9_s


また、床下から入る湿気を帯びた空気や室内の蒸気が壁内部に入ると、断熱されていない部分で、住まいの大敵である「結露」を起こしてしまいます。


●床や窓にまで気を配って気密性を高める


PH_I310_251-e1453379452436



高断熱の家は、屋根、天井、壁、床に断熱材を用い、外気の影響を受けないようにします。床下に外気が入る場合は床も断熱材を入れます。隙間をつくらないようにするため、防湿気密シートで覆うこともあります。1階床の裏面は、高断熱・高気密の施工がもっとも難しい部分なので、断熱材のムラや隙間にはとくに注意が必要です。


さらに、窓のガラスとガラスの間に空気をいれたペアガラスといった「複層ガラス」を採用したり、アルミと樹脂を組み合わせた「複合樹脂」のサッシを使ったりすることで、気密性が高まり、結露を防ぐことができます。


こうして「高断熱」設計をした家の断熱効果を高め、内部結露を防いでくれるのが「高気密」の家です。

記事一覧に戻る


  • 不安の無い暮らし
  • 空気が変わる
  • 子供の健康が一番
  • 暖かい生活
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。