president blog

社長ブログ

2014年08月09日

これ、読めます?

 何気に更新のペースが落ちています。

目標は週に一度の更新なのですが、どうも最近は月に二度のペースになりつつあります。

私が通っているスポーツジムの「フィッタ」と同じで、ペースが落ちると段々面倒臭くなってきて

いつの間にやら「〇〇月ぶり」となってしまうのですよね。

 

今月は二か月ぶりの書道でした。

これは何と読むか分かります?

 

 私は手本を頂て、書く前に「読み方」と「意味」を先生に聞くのですが、これは読み方を聞いても、そのように読むとは

理解できませんでした。

 

 巷で書家といわれる方の作品や、展示物を見て、「これは何の字かな?」と思える書や

「これは字?」と感じてしまう書などを拝見する機会もありますが、私が勝手に思うところに、

上手いと感じる書の基準は「字として読める」ことが前提だと思うのです。

文字そのものの意味が分かって「なるほど上手いな」と感じたり、書の意味が

書体に表現されて感動したりするのではないかなと思うのです。

ですから「読めない字」の書を見ても「何か凄そう」くらいにしか感じないのです。

私の理解度が浅いのでしょうが、少なくとも現時点ではそう感じています。

 

この度の私が書いた「書」も自分で書きながら、なんとなく「日本語じゃない文字」を書いているようで

ピンときませんでした。

「なかなか、良い出来ですよ」と言って頂きましたが、なんとなく消化不良な時間でした。

そのうち判る時がくるのでようか・・・・。

これは「済美」です。

「せいび」と読み、意味は「良い行いをすること」とか「美徳」という

意味です。

前へ 記事一覧に戻る 次へ
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。