president blog

社長ブログ

2015年01月21日

六芸

 今年初めの書道は「六芸」でした。

「りくげい」と読みます。

意味は、古代中国において身分のある者が、習得すべき六つの事です。

その内容は

・礼(礼節)・楽(音楽)・射(弓術)・御(馬車術)・書(文学)・数(数学)

です。

現代風に置き換えると礼は道徳、楽は音楽、射は心身の鍛錬、御は運転免許

書と数は学問といったとこでしょうか。

内容のレベルの違いはあれ、現代人はそれとなしにクリアしているかな・・・。

この書では全く「六芸」とは読めませんよね。

芸なんて「藝」ですからね。わざわざ難しい字にして、崩して書くというひねり技ですよ。

書道を初めて以来、間違いなく一番難しい字でした。

・・・・でも素人目には、難しい字を崩して書くほうが上手そうに見えますよね。

今回は何となく「書ききった」という満足感に浸れました。

前へ 記事一覧に戻る 次へ
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。