president blog

社長ブログ

2012年03月10日

東京へ行ってきました。

3月7,8日に東京へ行ってきました。

目的はフィアスホームの2012年度方針発表と社長会への出席です。

方針発表と社長会、懇親会が7日にあり、8日はリクシルのコンセプトハウス グルグル・・・・・(こんな名前じゃなかったかな)・・・・

の見学と柴又観光をしてきました。

 

コンセプトハウスはなかなか興味深かったですよ。

 

中庭を四方囲む間取りで、中庭に腰かけると屋根も近隣も視界に入らないように設計されていて、空だけが見えます。

・・・ちょっと「ほっほー」と感心しました。

太陽光、ガス、電気のバランスも考えられていますし、薪ストーブも使用できます。

湿度や風量、風向、風速と温度変化の関係のデータを収集したり体感できたりと、なかなか

面白いです。

 

これは中庭ですけど、この水は雨水を循環させています。

この水と風での気温や風向の変化も考慮されているようです。

 

 

 

極め付けはこのロボットです。その名をルルボ・・・だったかな。・・・

会話もできますし、家の状況を逐一教えてくれます。・・・・指導かな。

例えば、「南から風が吹き始めました。南と北の窓を開けてください」とか、

「2階のトイレの電気が点けっ放しです。消して下さい。」や

「雨が降り始めました。窓を閉めて下さい。」と言いながら、手の届かない高窓は自動で閉めてくれたり等々。

なかなかのツワモノです。・・・・・・因みにこのロボットは2000万円らしいです。

モデルハウスではないので一般の方は見学できませんが、ここから新しい商品が次々と生まれてきそうです。

 

お次は柴又観光です。・・・・柴又と言えば「寅さん」ですよね。

この映画が流行っていた頃は世代も違いますし、あまり真剣に見た覚えはないのですが、当地はなかなか風情がありましたよ。

よく映画のシーンで使われた柴又帝釈天です。

 

 

 

 

商店街です。

 

モデルとなった団子屋さんです。

もちろん、お土産で買って帰りましたよ。

 

寅さん記念館内のセットです。

 

 

 

「コンセプトハウスをこんな下町の中に作るなんて、リクシルもなかなかやるねー。」と

感心しながら、ちょっとカッコいい寅さん象の柴又駅から帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

前へ 記事一覧に戻る 次へ
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。