president blog

社長ブログ

2014年02月03日

定期広告を始めます。

 年明けから結構忙しくブログの更新が滞り気味です。

なかなかネタになるような出来事も少ないのですが・・・・。

 

 この度、広島リビング新聞社から創刊される「えんじいな」という月刊雑誌に定期広告を

載せることになりました。この雑誌は未就学児とお母さんをターゲットにされているようです。

 

 

見学会や分譲イベントの告知と違ってイメージ広告となりますからすぐに反響があるとは

思えないのですが、ジワーっと認知して頂きたいですね。

 

 

続いては「誕生際」のご案内です。

今回も皆様に楽しんで、くつろいで頂ける企画が満載です。

沢山の方のご来場をお待ちしております。

 

 

・・・・・・・誕生際のテント設営の為に菜園の大根類は全て収穫しましたよ。

     間引かなかったために、総じて小ぶりでしたが、味は良かったです。

     

     どうも貧乏性なのでしょうか、それとも無精なのでしょうか・・・そのどちらともでしょうか

     間引く行為がもったいなく感じてしまうのです。

    次回はしっかり間引いて少数精鋭でいきましょうか。

 

 

 昨夜、たまたま「鉄腕ダッシュ」という番組を見ていましたら、その中で自然薯の栽培や

収穫を放送していました。

番組の中では肥えた土地より痩せた土地のほうが良く育つと言ってました。

思わず、「これって広発菜園のこと!?」と思ってしまいましたよ。

 

 自然薯は凄く美味しいですよね。でも凄く高価ですよね。

栽培は難しそうですが、「丘のマグロ漁」的に一発勝負に出てみますか!

取り敢えず自然薯の基礎知識から学んでみましょうか。

 

 ※ 数年前、分譲マンション事業で松江に行っていた頃、国道54号線の中国山地の頓原辺りの

   蕎麦屋「一福」本店で食事を取ることが多かったのですが、その店は軒先で

   地元の野菜を露店販売していました。どの野菜も新鮮で安いのですが自然薯だけは 

   小ぶりなもので2000円~3000円でした。 これでも相場からみればかなり安いのですが

   その当時、度胸をつけて買って帰ったことを思いだしました。

 

 

 

前へ 記事一覧に戻る 次へ
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。