staff blog

スタッフブログ

2015年06月06日

とうかさん

河本です。

 

広島市の三大祭りの一つ「とうかさん」が昨日5日より7日まで、

円隆寺一帯で始まりましたね。昨日はあいにくの雨でしたけど

賑わったそうです。

 

「とうかさん」と言えば浴衣の着始めとしても知られ、

今日もあちこちと浴衣姿の人を見かけました。

 

夏ですね~! 

 

 

 

 

 

さて、今日はデジタルカメラで撮影するとき覚えておくと

いいかなっていうテクニックを少しお話しさせてください。

 

テーマは「ホワイトバランス」について・・・・・

光にはいろいろな種類が存在してます。

電球の光では赤、蛍光灯の光では緑、曇り空のもとでは

青くかすみがかったような(色かぶり)現象を起こしています。

デジタルカメラは、ホワイトバランス自動設定機能が色かぶりを

補正し、白は白く撮影してくれます。

又、このホワイトバランスは意図的にマニュアルで設定変更して

雰囲気のある写真にもしてくれます。

 

                      キャノンEOS70Dで撮影

                      キャノンEOS70Dで撮影

                      キャノンEOS70Dで撮影

 

決してうまく撮影できているとは思えませんが・・・・・・・・・

わたしも完全にホワイトバランスを理解しているわけでは

ありませんが、本で勉強すると色温度を理解すべしと

書いてあります。

 

色温度は高くなるほど人間の目には青く、低くなるほど

赤く見えるということです。

色温度の低い暖かいオレンジの光には、副交感神経を

刺激し、癒し効果があります。

このことは、お家づくりの明りプランのご提案の時にも

通用します。

 

では次回またお会いいたしましょう!

 

 

 

 

 

前へ 記事一覧に戻る 次へ