staff blog

スタッフブログ

2012年05月15日

こんにちは。スタッフブログ火曜日担当の紺家です。

5月末に私が所属する生け花小原流広島支部の花展があります。

私も出品します。

生花を使うと毎朝会場へメンテナンスをしに行かなければならないので、

今回はパスさせてもらおうかと考えていました。

そんな考えを先生見抜かれたのか「あなたはレリーフにしなさい」とすすめられ、

お断りする理由も咄嗟には思いつかなくて承諾してしまいました。

レーリフって壁掛けにする立体的な造形作品のお手軽版みたいな感じです。

でも、やっぱり制作には手間も時間もかかり、ってまだ構想だけで具体的に

制作してないんですが…そろそろ本格的に始めなくてはなりません。

GWに造ろうって思っていたのに、疲労回復に全力投球していたら終わってしまいました。

しばらくは、このレリーフの話ばっかりになりそうです。

今回のお稽古花。麦と都わすれの様式本位の近景です。

何のことかわかりませんよね。生け方にきっちり決まりがあるのが様式です。

近景は手を伸ばせば届くような距離で見る草花を表現します。

本当はこんなにいっぱい都わすれの花がついてたらいけないのですが、

可愛いから(花が)許してもらいました。

中央の写真のヒカゲを足元に陸地の表現として入れれば完成です。

水際の美しさを表現するものなのですが…

何のことかわかりませんよね。

 

 

前へ 記事一覧に戻る 次へ