ゼロエネルギー住宅への取り組み

『低炭素社会にむけた住宅政策が本格スタートエネルギー収支ゼロへ』住まいから出る一次エネルギー消費量を概ねゼロとする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス【ZEH】」2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現する事を目指すとする政策目標が設定されています。近い未来、ZEHが日本住宅のスタンダードになります。

ゼロエネ住宅を実現するための基本的な考え方

ゼロ・エネルギー・ハウス(ゼロエネ住宅)とは、文字通りエネルギーがゼロということです。 エネルギー消費がゼロの住宅ということになるのですが、人間が居住している以上は電力など最低限のエネルギー消費が必要です。
ゼロエネ住宅の基本的な考え方は
①省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと  → パッシブデザイン・断熱性能の向上など
②消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと → 創エネ・太陽光発電システム活用など
この2つの基本的な考え方をより具現化していくと、(省エネ効果)+(創エネルギー) ≧ 消費エネルギーが実現します。

※横スクロールで全体が確認できます。

ZEH仕様の導入に使える補助金

ZEH仕様を導入しやすいように、平成24年度から、国は補助金を毎年交付してきました。
平成28年度は、1戸あたり125万円の予定です。
※今年度から設計・建設会社が「ZEHビルダー」として登録していることが条件に加わりました。弊社は、現在申請中です。

高気密・高断熱
末永く安心に暮らすサポート
広発ブレインとフォー・アンツ(ACTUS広島)が本気で考えた、インテリアから選ぶ家づくり「412の家」。パースやカタログを無料プレゼント!

Lifestyle Design house
412の家

家を建てた後で後悔しないため、インテリアと住宅を同時に形作る住まいづくり。それは、住宅メーカーとインテリアショップが共に考え続け、行き着いた新しい発想の住宅プロジェクトです。